NODE UEHARA

NODE Uehara, the first of Odakyu Railway's urban planning project, was born in Yoyogi Uehara where people with a high awareness of lifestyle gather and reside.  The four-story building includes a cafe, grocery, restaurant and rental housing and offices.  

The Odakyu Railway runs its trains from Shinjuku to Hakone and Enoshima, making its way from central urban Tokyo to the relaxing resort areas of Japan.  The project was proposed to create value on various points along the Odakyu train route, thus improving the quality of everyday life for the residents and commuters. 


新宿から箱根・江の島へ、日本を代表する大都市からリゾート地へとつながる小田急線。その沿線地域の多様な魅力を、コンパクトに凝縮した場へと変換した「点」として各地域に配置していくことで、沿線全体の「面」としての生活の質の豊かさを向上させていくことを標榜したプロジェクトが2012年ごろからスタートしました。

その第1弾であるNODE Ueharaは、ライフスタイルへの意識の高い人々が集まる代々木上原に、食をテーマに、ショップ・カフェ・レストランと賃貸住宅の複合体として生まれました。
​※ UDS株式会社在籍時の実績です。

DESIGN CHALLENGE
Create a sense of belonging for locals and commuters of the Odakyu Railways.
沿線住民にとって沿線全体が「私の地元」と思ってもらえるような鉄道へ

 

Establish local and public branding communication
embodying a focus on lifestyle on the Odakyu train line route.
沿線地域にライフスタイル発信の「点」を散りばめ、つなぐ、地域・企業ブランディング戦略

DATE
April 2015

CLIENT

Odakyu Electric Railway Co., Ltd.
 

SERVICES

Conceptual Planning
Schematic Design

 

WEBSITE
http://welcometonode.jp/uehara